忍者ブログ
ソマリのイリヤに関するブログ。ふたりのらぶらぶばかっぽーぶりを文章&写真で記録したものです。動物実験していないブランドのコスメのレビューやアニマルライツについても話題にします。
カレンダー
01 2017/02 03
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
最新CM
[08/23 HIVセルフ検査]
[08/18 HIVセルフ検査]
[10/12 Ranran]
[10/11 さおりん]
[09/25 ☆ネコの手☆]
[09/24 Ranran]
[09/17 Ranran]
[08/20 chizu7171]
[08/16 Ranran]
[08/14 ☆ネコの手☆]
カウンター
最新TB
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア


張り切ってバナーを作ってみました☆
サイトURL http://rockaroma.blog.shinobi.jp/

お持ち帰りでお願いします。リンクフリーですので、貼るも剥がすもお好きにどうぞ♪
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

自分で面倒を見切れなくなるまで増やしちゃいけないっちゅーの。

何のことかというと、きつねこにっきでもリンクを張ってあるcatnapさんに、
チワワの保護をして欲しいという連絡が千葉県庁から入ったんですって。

その数なんと24チワワン!!

なんでそんなに増やしちゃったのよ?(@_@)
しかも避妊去勢をしていないんですよね。。

この増やしちゃった張本人んがどんな考えで犬と同居し始めたのか知らないので
あんまり勝手なことは言えませんが。

どう考えても、責任感のある立派な同居人でないことだけは確かです。

チワワンズには何にも罪はないのに、十分手をかけてこられなかったって。。
あまりに不憫です。

どうかいいおうちが見つかりますように!!





固い話はこれくらいにして(つ´∀`)つ
かわいいチワワン達に会ってきたので、写真を載っけます☆


まずは一番人気のいちごちゃん。
私のことを好きになってもらおうと、ささみを持って行ったので
抱っこされている間にお口に入れてあげました☆



抱っこしても大人しくて、甘えん坊さん。


控えめな子で、自分から積極的には甘えにいけないタイプ。
大和撫子ってこういうこと?



こちらは抱っこすると全身の力を抜いてしまうwwまーこちゃん.
預かりさんのお宅では、そのまま眠ってしまうらしい。

なんてキュートなんだキュ=(*´∀`*)⇒ン
とても10歳のシニアとは思えない、キレイな子です。




この子はかすみちゃん。
いちごちゃんと同じお宅で保護されていて、おっとりしています。
私が話しかけると、目をじーっと見て話を聞いてくれるお利口さん。

どの子もかわいくて、チワワって性格いいんだなぁと思いました。
人の話しではチワワがどんな子か聞くけど、実際触れ合ったのは今回で二度目。

チワワなんて外見だけ可愛くて、性格はキャンキャン吠えて喧しい犬
くらいにしか思っていなかったのですが、性格もいいことが判明。
(一件目のお宅で性格がいいのはまぐれかと思ったww)

こんなかわいこちゃんたちにお家がないなんて不憫過ぎる!
早くお家が見つかるように、ささやかに私のブログでもお知らせします。

応募はcatnapまで。


コメントのお返事は後ほどしますね!

にほんブログ村 猫ブログ ソマリへ

↑ソマリのブログ集。
帰るついでに1日1ポチよろしくね♪
←図々しいって?
いやいや、そこをなんとかお願いしますよぉ~(≧人≦)



こっちもポチしてくれると大変喜びます。私がww

拍手[0回]

PR
これは現実なの?
こんなのって,,,

やっぱり信じられない。



youtube巡りをしてたら偶然見つけた動画なんですが(うちの母親が)、このドキュメンタリーの主人公はキャバリアという種類のわんこ。
耳の垂れた、愛嬌あるかわいい顔立ちの小型犬です。

ざっくりこのドキュメンタリーの内容をまとめると。。。

◇度重なる近親交配の影響で、不自然なまでに骨格がゆがめられたことが原因で様々な遺伝病に苦しむ純血種が増えている。

◇ブリーダーはその種としてのアイデンティティ確立のために近親交配を繰り返しているが全く問題意識を持っていない

の2点。


猫もブリーダーさんの話を聞くと、その種として優れたい電子を後世に残す為にラインブリーディング(近親交配に用いる血統よりは遠い。けど結局は親戚。)しているけれど、私の知っているまっとうなブリーダーさんは少なくとも遺伝病になってしまうほど強引で無茶なことはしていない。

その影響でか、ブリーダー=危ないことをする人ではないという認識でした。

でもこのドキュメンタリーに出て来たブリーダーたちは犬を外見でしか判断していなくて、犬の福祉とか生活の質の向上とかそんなの一切お構いナシ!!!!

その証拠になんちゃらリッジハウンドという背中に逆毛の立っている種類の犬がいるんですが、20頭に1頭の割合でその逆毛の立っていない犬が産まれるんです。

その子、どうなると思います?


産まれてもすぐに安楽死なんです。



ええええええええええええええええええ!?


逆毛は立っていないかもしれないけど、それ以外何の問題もないのに、いや、逆毛が立っていないと言うたったそれだけの理由で、幸せな生活を奪われるんです!


まぁさ、昔は男の子が欲しかったのに女の子が生まれちゃったりすると濡れたふきんを顔に被せて。。。なんて話があったけれど(江戸時代以前の話。家督の継げない女には全然価値がないという考えでしたから)今時代は平成ですよ!?

こんなことが、現在でも行われているんです。。

(この話題もドキュメンタリー中に出てきます)

このリッジハウンドのブリーダーは、平然と
「私の管理下で静かに死なせたい」
と宣うんです。

きーっ!
憎ったらしい!

自分がブリーディングした犬なら殺すのも生かすのも自分の勝手だ、という奢った考えの持ち主だというのが如実に伝わってきます。

で、さらにおまけが。
このなんちゃらリッジハウンドは逆毛を立たせる為に、脊椎の形が湾曲してしまっているんです。
で、逆毛の立っていない子はそんな問題がない。
(避妊去勢をすることを条件に逆毛の立っていない子を飼っている人もいるらしい)

だからこのリッジハウンドを正常な脊椎の形に戻そうとするなら、絶対にこの逆毛の立っていない子の遺伝子が必要になってくるはずなんですが、ブリーダーは全然治そうとしていないんですよねぇ。

他にも顔が巨大になってしまった為に帝王切開でしか子供を産めないブルドッグ、下半身の筋肉量が著しく減ってしまった為に歩行困難になったジャーマンシェパードの話が出てきました。

どの種類も元の体型とはかけ離れてしまって、なんでこんな無茶なことを?と思わずにはいられません。


今度はキャバリアのお話。
キャバリアは脊髄空洞症という死に至る病気になる確率がとても高いそうです。
この病気は頭蓋骨が脳の大きさに合わず、脳がはみ出してしまうことが原因。
人間でも発症することがありますが、堪え難い頭痛に悩まされるんだそうです。。
それは犬にも言えることで、最悪の場合安楽死させることもあります。

ドキュメンタリーに出てきた子も、最終的には安楽死でした。

安易なに安楽死には反対なんですが、治る見込みもなくて、治まらない頭痛に耐えるよりは,,,と思わなくもない。


デリケートで難しい問題ですよね。

犬の我慢強い性質があだになってしまっています。



今からでも遅くない!←本当はかなり手遅れ感ありますが、今のままでは
犬=病気持ち
という図式が成り立ってしまうと思いませんか?

この問題に獣医学の専門家たちは警鐘を鳴らしているのに、ブリーダーは反論するんですよね。

専門家の意見に
「非科学的で裏付けがない」
って言うんです。

いや、アンタらの方がよっぽど非科学的だから。

でもね、最後はちょっと希望を持てる終わり方なんですよ。
ついにブリーダーに対して
1 近親交配の規制をするよう強力を求めた
2 スタンダードを見直した暫定版が今年の1月に出ました
犬の生活の質を見直すということが強調された

でも、まだブリーダーにはこの考えは浸透していないと思います。

早く犬の幸せが一番重要視されるようになってほしいものです。

にほんブログ村 猫ブログ ソマリへ

↑ソマリのブログ集。
帰るついでに1日1ポチよろしくね♪
←図々しいって?
いやいや、そこをなんとかお願いしますよぉ~(≧人≦)



こっちもポチしてくれると大変喜びます。私がww

拍手[0回]

今日の内容はなかなかheavyですが、猫の保護者なら必ず目を通して欲しい内容です。

痛々しい写真へのリンクもありますので、心して読んで欲しいと思います。

事件の詳細はコチラ

虐待で人間でいう手の甲の骨が砕かれ、穴をあけられた尻尾。
引き裂かれた大腿部。

とてもショッキングで痛々しくてみていられないような写真ばかりですが、これは現実に起こった出来事。

リアルにあった話。

フィクションならよかったのにね。




多分、被害に遭ったにゃんこは人間に慣れている子なんでしょうね。
人間は何も危害を加えないと思っているから触らせてしまう。

本当の生粋のノラちゃんは、まず人間が自分の間合いの内側に入ることさえ許しませんから触らせる余地なんて微塵もないんです。

信用しているのをいいことに、裏切ったりしていいんでしょうか?
相手が猫なら、騙したって構わない。
そんな人間の傲慢さを感じるのは私だけではないはず。


この一件から学ぶべきことは、
人慣れしている子ほど、外に出してはいけない
ということ。

外界は悪意に満ちているんです。

人間を傷つけたら傷害罪で民事でも刑事でも訴えられるけど、相手が犬猫なら言葉も話せないし、そもそも痛みを訴える相手すらいないかも知れない。
なら手始めに、小動物でもやってみる?

そんなことになっているのかも知れない。

上辺だけは「動物虐待って卑劣で許せないよね」と言っていても、本当の本心からそう言っているのかどうかは誰にも解らない。

言葉なんていくらでも偽れるんだから。

こんな不確かな要素の多い世界に犬や猫を放り出したら、あっという間に虐待待ちの人間の餌食にされてしまうんです。

だから、犬も猫もお家の中でしか自由にはさせてあげられないんです。


この子がこの先どうなるのか判りませんが、医療費がかかることは間違いないので少しでもいいからみんなで募金しませんか?

私は明日振り込もうと思います。
ぱるるに口座アリ。ぱるる同士なら送金手数料かかりません。


そんな訳で今日の結論は
絶対に人慣れした子を外に出してはいけない!
ですね。
あと署名をお願いしています。
茨城悪徳ブリーダーのナンバー剥奪はコチラ

動物愛護法改正の署名用紙はコチラ
に必要な署名ですので、みなさんご協力お願いしますm(_ _)m



にほんブログ村 猫ブログ ソマリへ

↑ソマリのブログ集。
帰るついでに1日1ポチよろしくね♪
←図々しいって?
いやいや、そこをなんとかお願いしますよぉ~(≧人≦)



こっちもポチしてくれると大変喜びます。私がww

拍手[0回]

私のブログでリンクしてある沖縄のボランティア団体ケルビムが今、大変なことになっています。

知人ブログの記事を以下転載しますね。
沖縄県に存在する動物愛護団体 【ケルビム】では、フード不足が続いているようです。

また、【ケルビム】を虐待保護だと決めつけ、フード支援やご支援を断ち切られ追い詰めている存在もいるようです。
私には、分かりますがネット上では実名は出せません。

地域猫活動をしているボランティアさん方々の力では、ケルビムを救うことは出来ません。
そこで、私がブログを通して訴えたいと思いました。

400匹近くの犬猫を保護している【ケルビム】が虐待保護と言われるのは、万年のスタッフ不足から犬猫たちの完璧なお世話が出来ていない…とのことでしょうが、それだけ沖縄には保護される犬猫が絶えないということです。
それだけ捨てる人間、増やす人間が多いからです。
代表さんの犬猫に対する思いや知識はどんなボランティアにも負けていません。しかし、方々からバッシングをされ、精神的にもさぞかし辛い思いをしていること、私にも分かります。

虐待保護と決めつけ、犬猫は殺処分された方がマシだという考えの持ち主が数名、【ケルビム】潰しに取り掛かろうとしています。酷い話です。命を何だと思っているのか。。処分される方が犬猫はマシなんでしょうか?

ケルビムのHPを載せます。
HPを見れば、ケルビムの今までの功績が分かるかと思います。
どうか【ケルビム】の施設内に保護されている犬猫たちにフードのご支援だけでもお願いいたします!



http://cherubims.or.jp/yanbaru/index.html


この記事を書いた私への誹謗中傷は、もしかしたらあるかもしれませんが、真実を伝えるのが私の役目です。
何を言われても構いません。


ソース 

この記事を書いたのは「るらさん」という沖縄在住の女性で、あまりに沖縄の犬猫環境が悪いために身体を張ってノラ猫たちを守っている方です。

まずは栄養をつけさせて、それから避妊去勢して、怪我をしている子や病気の子がいたら病院へ連れて行くという活動をしていらっしゃいます。
自宅にも十数頭の猫を保護していて、その子たちの世話だけでも大変なのに家の近所&職場付近の子たちにも。。。

本当に頭が下がります。。


ケルビムは今までの沖縄ボランティア界をリードしてきた存在で、以前紹介した「あしながおじさん」を私が知る限り初めて導入した団体です。

今までの実績を見てもらえば、信用出来る団体だってことが解ると思います!
行政側に捕獲されたマングースや猫を、全頭保護しています。

定期的に里親会を開催していて、その子たちの新しいおうちを見つけています。

確かに保護している犬猫の数に見合うだけのボランティアがいなくて、十分に手が回っているとはいえない状況かもしれませんが、でもだからといって「虐待保護」と言って潰しにかかるなんて言いがかりも程々にしろよって思うんです。

だって、ケルビムが保護しなかったらその子たちの命は失われていたんですよ?
それを考えたら、多少環境は悪くても今は耐えるしかないでしょう?

死ぬよりは、マシ。
ってことを言っているだけで、ずっとこのままでいいと思っている訳ではないですよ。

ですが、転載した部分を読んでもらえると解りますがここで保護されている犬猫のご飯が足りません。

沖縄なので寒い思いはしていないと思いますが、ご飯が足りないんじゃどうにもならないじゃないですか。


そこで、るらさんがブログを通じてフードの支援をお願いしているのです。

私からもお願いします。

うちからも、そんなに多くはないけれどキャットフードを送ろうと思います。
なんせ健康な子だけをセンターから引き出している訳ではないので、病気の子も多いのです。だから療法食もあるといいと、以前メールで伺いました。

あと衰弱した子もいるので、ヒルズのad缶も必要とのことです。



そして、ここに収容されている子たちは処分するしか無いと決めつけているようです。
なんでそんな短絡的なんでしょうね。

ケルビムはハンデのあるわんこ、にゃんこも保護しているんですが、そういう子は簡単には里親さんなんて見つかりません。
そういう子を簡単に切り捨てようとする人間に、動物に携わるボランティアなんてやって欲しくありません!!



どっちの言うことを信じるかですよね。
私は誰がケルビムを潰しにかかっているのか知っていますが、その連中は何もボランティアで実績の無い人間たちなんですよ。

何言ってるんだこのやろー!!(。+・`ω・´)

何もしていないくせに、いっちょまえに批評だけはする。
そんな最低な人間の言うことなんか、真に受けていい訳ないじゃないですか。

認めて欲しいなら、黙ってコツコツ地道にご飯をあげて避妊去勢すればいい。
簡単なことじゃないけど、でもだからこそ実際に行動しなければ意味が無いと思うのです。



長くなったので簡単にまとめると。。。
◇ケルビムにフードの支援をお願いします!
療法食、ユカヌバ、サイエンスなど。

という訳です。

皆さんのご協力よろしくお願いしますm(_ _)m

あとオシたちの写真は明日載せますね。
今日、どうしてもこの記事を書きたかったので。

あと署名をお願いしています。
茨城悪徳ブリーダーのナンバー剥奪はコチラ

動物愛護法改正の署名用紙はコチラ
に必要な署名ですので、みなさんご協力お願いしますm(_ _)m



にほんブログ村 猫ブログ ソマリへ

↑ソマリのブログ集。
帰るついでに1日1ポチよろしくね♪
←図々しいって?
いやいや、そこをなんとかお願いしますよぉ~(≧人≦)



こっちもポチしてくれると大変喜びます。私がww

拍手[0回]

悪徳ブリーダーや、ペットオークションのことが気がかりなにょんこです。こんばんは。

個人的に、ペットショップはナシだけど、オークションは別に問題ないと思っていました。

理由:ペットショップは生後1ヶ月前後の免疫力のついていない子を見せ物にするので、感染症にかかりやすい。また、社会化期に親や兄弟と過ごしていないから成長過程で問題(本気噛みするなど)が生じるため。

売れ残ると繁殖用として酷使されるか、実験動物として払い下げられたり保健所に持ち込まれるので、その末路は悲惨。

オークションはネット上で売買するので、お迎えの直前まで親兄弟と一緒にいられる分、ペットショップよりはまだよい。

と思っていました。



でも、最近どっちにしても繁殖者の考え次第では不幸になるかもしれないことに気付いたんです。

確かにオークションだと親兄弟と一緒にいられる時間は長くなると考えられますが、繁殖者が金銭目的でブリーディングしているなら、十分に手は掛けてもらえない。
(そういうブリーダーをビジネスブリーダーといいます)



今、目の前にいる子はかわいいかも知れない。

でも、その子がその店に入る前、どんな環境にいたのか考えて下さい。
ペットショップは商売で犬猫その他生体を扱っているんです。
儲けたくてやっていることですから、当然原価は安ければ安いほどよい。
行き過ぎた価格競争の行く末は?

先日紹介した茨城の悪徳ブリーダーほどではないにしても、安く売る為になるだけフードは安い物を使い、薄利多売ですから同時にたくさんの生体を出荷しなければ儲からない。

つまり、いかに手を掛けずに売るか、が焦点になってくるものと思われます。

手を掛けない為に、掃除はざっとしかしないかも知れない。
情操教育も十分じゃないかも知れない。

そしてなにより、売れ残れば行く末は死しかないという現実。。。

せめてブリーダーのところにいれば、その先も面倒は見てもらえますが、一度ペットショップに来たら最後、売れるか死ぬかしない限りそこから出られないんです。

悲惨すぎる。

動物愛護の精神はないのか?



勿論、ブリーダーから譲ってもらえば問題は一切ないというわけでもありません。
平気で病気だと知っていながらそんな猫をブリーディングに使う人もいるし、インブリード(親子がけなど、近い血筋で交配すること)を何代にもわたって繰り返している人もいる。そうすると外見上は何にも変化がなくても、内蔵に問題を抱えていたりして大変なんです。

つまり、どこで譲ってもらうかも重要ですが、それ以上にブリーダー(繁殖を行った人間)の本質を見抜く必要があるってことを言いたいんです。

だから、私が出した結論は、ホビーブリーダーから譲ってもらうのが一番ということ。

ホビーブリーダーとは、営利目的でなく、趣味(=hobby)でブリーディングをしている人のこと。
お金目的じゃないから本当に自分の繁殖した犬や猫を幸せにしてくれそうな人にしか譲らないし、経費も手間も、惜しまず思いっきりかけられる。

お金をかければいいって訳でもないと思いますが、最低限の環境を整えるにはお金が必要です。



それにホビーブリーダーは、自分が繁殖した子を保健所に持ち込むなんてまずない。
(売れ残った子を大量に持ち込むのはビジネスブリーダーだと思われる)

保健所から犬や猫を引き出して一般家庭に譲渡する活動をしているボランティアさんにしてみればどっちもどっちで、
「とにかくブリーダーは無責任で、どんどん生ませて最低!!」
と仰る方も多いですが、ブリーダーと言っても一括りにはできないんです。


「ペットショップで運命の子に出会ったんです」
という方もいらっしゃるでしょうが、あなたみたいにペットショップを支持する人がいなければ、ペットショップはやがてなくなります。

みんなでペットショップやビジネスブリーダーにNO!!と言える社会にしたいなぁと思うにょんこでした。


あと署名をお願いしています。
茨城悪徳ブリーダーのナンバー剥奪はコチラ

動物愛護法改正の署名用紙はコチラ
に必要な署名ですので、みなさんご協力お願いしますm(_ _)m
署名用紙はコチラ
に必要な署名ですので、みなさんご協力お願いしますm(_ _)m


にほんブログ村 猫ブログ ソマリへ

↑ソマリのブログ集。
帰るついでに1日1ポチよろしくね♪
←図々しいって?
いやいや、そこをなんとかお願いしますよぉ~(≧人≦)



こっちもポチしてくれると大変喜びます。私がww

拍手[0回]

明るい話題とヘビーな話題、どっちが先がいいですか?

じゃあ楽しい話題から。

イリヤがウンコの後、ハイになって部屋中を駆け回るんですが、
私のパソコンを踏んで→デスクトップパソコンを収納しているラックのてっぺんにジャンプし→そこからわずか11、5センチの幅の隙間に飛び降りる!!

どこにもぶつからず、本当に凄いなぁと驚きました。


イリヤの小話終了。

ちょっとヘビーな話題はここから。

実は署名のお願いです。

茨城でブリーダー崩壊(いや、正確に言うと本人たちはそう思っていないので、崩壊とは言わないと思うのですが)があって、明らかに許容範囲を超えた頭数をケージで飼育しているんですね。

詳しい状況はコチラ

いつ掃除されたのか判らないケージ。

水と餌入れを入れるのが面倒らしく、ドライフードに水をかけた物を餌として与えて。

ケージの掃除を簡略化する為か、床が金網状になっていてそこに手足を挟んでもそのまま放置されるので、切断せざるを得ない子犬がいて。

商品にならない(こういう表現、大嫌いですが)犬猫は繁殖用として残し、顎の骨が溶けるまで繁殖に使われる。

一度も洗われたことがないので、犬は疥癬だらけ。

もちろん治療もしないので痒がるだけ。どんどん禿げていきます。

水も十分に与えられないから、ミイラになって死んでいった子猫の写真を見ました。

みんなこれ、日本で起きていることなんです。

夢物語でもなんでもなく、リアルなんです。

信じられないけど。

信じたくないけど。

でも、実際に起きてしまっている事件。





どうしたらいいと思いますか?
やっぱり動物愛護の精神のない人間には、絶対に動物取扱業のナンバーを取得させないことが重要ではないでしょうか?

で、一度認可されても一年ずつ審査をして、基準に満たないブリーダー及びブリーダーもどきはどんどん廃業させていくというのが適当だと個人的には思っています。

その基準がヌルかったら意味がないので、ちょっと厳しい、達成するには動力が必要というレベルを定めてしまうんです。

枠組みを決めたら、あとは徹底して守らせるだけ。
抜き打ち試験なんて緊張感があっていいんじゃないかしら。

で、今回の署名はこのブリーダーの動物取扱業のナンバーを剥奪してほしいという内容です。

こんな人間に動物と同居する資格ありません。



ありえねぇ。

最初はそう思ったのですが、信じるしかないのかなぁ。
写真付きで紹介されているのですが、モニターからは絶対に匂いなんか伝わるはずがないのに、食欲が失せる。それくらい臭そうなんです。

残っている餌が腐って、ウジが湧いているらしい。

それでも世話は十分だと言い張るらしい。

ありえねぇ。

こんな人間から動物取扱業のナンバーを剥奪する為に、みなさんのご協力をお願いしますm(_ _)m

署名表はコチラ

署名裏はtarget="_blank">コチラ

引き続きこちらもお願いします↓
動物愛護法を改正するのに必要な署名ですので、どうかご協力お願いします!!

署名用紙はコチラ
に必要な署名ですので、みなさんご協力お願いしますm(_ _)m


にほんブログ村 猫ブログ ソマリへ

↑ソマリのブログ集。
帰るついでに1日1ポチよろしくね♪
←図々しいって?
いやいや、そこをなんとかお願いしますよぉ~(≧人≦)



こっちもポチしてくれると大変喜びます。私がww

拍手[0回]

link




↑ケルビムという沖縄のNPO団体のやってるあしながおじさんのページにいけます。
恵まれない境遇の子、なんとかしてあげたいけど、実際に家には置けないよねという方は多いと思います。
そんなアナタ、不幸な子の生活費を負担するという方法がありますよ!!
詳しくはリンク先でどうぞ♪



↑以前メールを紹介させて頂いたかにさんの所属するグループ catnapです。
センターに持ち込まれた犬猫のケアをし、
一般家庭に譲渡するという活動をしています。
かわいいにゃんこがたくさん!

同盟バナー猫中動


イリヤのこと
dc16512a.jpg☆二人の馴れ初め☆
イリヤとの出会いは06.03.05.ブリーダーさんの家で、私が一目ぼれして。きれいなアーモンド形の目、抜群にいいイヤーセット、仕草の可愛らしさ。。。どれも昨日のことのように思い出せます。一目ぼれして早1年。今も変わらないかわいらしさで私といてくれます。私の大事な宝物。

☆イリヤの名前の由来☆
読んでいた本の中で気に入った単語のirya。ただ私がイリアだと発音しづらかったので、イリヤに変更。名前通り、特別な存在になってくれました。

☆一緒に居て思うこと☆
猫は育てたようにしか育たない。性格はものすごく私と似ています。気に入ったものは誰にも譲らない、良くも悪くも物事の限度を知らない、大食漢etc・・似ていないところは子供好きかそうでないかぐらい。

☆好きなもの☆
☆カニ、エビ(甘エビ、むきエビ)、カニカマ、鯛、サーモン、羽じゃらし、カサカサじゃらし、コンコン羽根、あとはきっと書いている人のこと♪

イリヤはそんな猫です。
るいのこと
かわいいかわいい、ブルーの女の子。ずっと憧れだったブルーのかわいこちゃんが我が家にやってきたのは11,11,13のこと。赤ちゃんの頃からとてもお利口さんな子です。写真を撮らせて、と言うときちんとカメラ目線。(当時1ヶ月)少しだけ神経質だけど、とびきり甘えん坊な私の妹分です。いつも私にぴったりくっついているので、母親が「ぴっとん」と命名。 好物はおもちゃ全般とトンネル、タワーから見るお外の景色。 鳥よりもご近所の野良さんの方が興味あるみたい。 夜寝るときは一緒のお布団で寝ます。布団の中にまで入ってきてくれる子は初めてなので、毎朝肩が凝ってもずっと腕枕しています♥ 女の子はまた男の子と違った甘え方で、かわいらしいですね。 最近大人になってきて、ますますしっぽがふわふわ。まさしくきつねこ!です。
主な登場人物

カンタンに自己紹介すると・・・
書いている人=イリヤから見ると「ねね」(=お姉ちゃんのこと)

大事なものはソマリのイリヤと自分ww←自分で書いておいて言うのもナンだけど、結構キモ(笑)
好きなのは読書(ルポ、判決文など。作り話はどうも・・・)手芸(ビーズアクセ作りにハマる。編み物は苦手っぽい)、調査(主に殺人事件の詳細を調べるのが好き。)、専門は有機化学(糖鎖の合成をする時に使う新規フルオラスタグの開発)でした。
現在は訳あって合成屋ではなく分析屋見習い。Drを狙うアラサー女子。

よく出てくる人たち
にゃんこ家族
ノアちゃん 私達家族にとって初めてのにゃんこ。おっとりしていて理解力があるので、猫神には「スターターキット」と言われている(笑)イリヤとはまったり仲間。よくお風呂場やストーブ前で仲良くくっついている。衝撃的にかわいかった子猫時代から素敵なレディに大変身★通称うーこ。

ロンロン 
ノアちゃんの弟。イリヤに兄貴風吹かせる一方でおんにゃのこチームには乱暴な面も。何が悪いんだ,,,典型的な内弁慶でお客さんが怖い。家族にはすごく甘えん坊で、特に弟と仲がいい。通称たみちゃん。

ロゼ
 ノアちゃんの妹。初めてポチポチ豹柄猫!!でも小さい頃は目がヘビっぽかった。(今だから言えるけど)多分イリヤと一番よく遊んでる。あだ名は小テト。最高にcuteで、書いてる人のことが大好き♥人間のひざの上でまったりしたり、指を舐めてくれる。

アン 
うどん屋でお客の残したかまぼこをねだっていた所をうちの母親が保護。「アン」と鳴くので名前がアン。
イリヤにはよくキャッチ&リリースされて弄ばれているような・・・本当はみんなの面倒を見たいおばあちゃん猫。(みんなの耳の匂いを優しく嗅いで舐めてあげようとする)動きは家の中で一番機敏。

人間の家族
母親 主に猫の面倒を見てる人。怒ると怖い。ノアちゃん至上主義でなんでもノアちゃんが最優先な人。

弟 気が向いたときだけ猫を構う。猫の世話は一切ナシ。ロンロンと大の仲良し。 

父親 しつこくするから基本嫌われているが本人に自覚ナシ。

書いている人 猫トイレの片付け&猫達のお遊びのお相手。イリヤといちゃいちゃすることに生き甲斐を見出している。

その他よく名前が出てくる人
イリヤのブリーダーさん
名門キャッテリーのオーナー。容姿端麗で性格抜群なソマリを多数輩出。書いている人の憧れ。

猫神
うちのオシ3兄弟のブリーダーさん。ショーでいっぱいおリボンもらえるようなオシをブリーディングしている。猫のことならほぼ全てを知っていると思われる。自分のブリーディングでないイリヤのことも相談に乗ってくれるのでとてもありがたい。博識で面倒見がいい。


 

お友達リンク
ソマリブログ

そまブロ(混浴)
初めて書いてる人に出来たネット友達で、歳が下の私のことも対等に扱ってくれるのでよく懐いています(笑)ソマリはブルーが一番♪と思っている人。たまにソマリの赤ちゃんが産まれますよ。ネイル情報アリ。多趣味な方なのでブログ記事の幅が広く、自分の世界が広がります。人生は勉強の積み重ね!

<そまそま
ソマリブリーダーのちくさんのブログです。北の果てで茶色(=ソマリ)を日本全国に普及しようとしてる人で、私も大いに賛同しています。ソマリは幸せ親善大使なんだもんね♪かわいい赤ちゃん&おチビたちの写真がいっぱいで、私もブリーダーに!!とあらぬ妄想を…(笑)

ねこのいるくらし
復活してまた愛情たっぷりブログが更新されました☆かわいいルディのディアちゃんがいます☆ネージュさんとは感覚が合うので、私の記事を読んでいて抵抗がないならこっちもイケると思います。お会いしたことはないけど、元祖♪乙女♪って印象の方。行間にディアちゃんへの愛が溢れています。

Ruddy's cafe
chizuさんがオシャレなお茶を色々出してくださるバーチャルカフェ。看板娘のRuddyちゃんは今年で御歳6歳だけど、chizuさんに言わせると悪魔らしい(笑)人間に例えるなら、「魔性の女」という表現がピッタリだと思っています。もうトリコになっちゃってどうしようもないんだもん!

猫保護ブログ

砂時計
猫の保護活動をしているひろりんさんのブログ。保護活動で出会ったキジ白の小太郎くんが主人公で、たまに美味しいもの情報が出てきますよ♪自分に出来ることを過大評価するでも過小評価するでもなく、できることだけキッチリするという姿勢に惹かれています.

ソマリ以外のにゃんこ友達

女優nyaんです!

アメショーシルバーのももちゃんのブログ。ももちゃんはすごく表情豊かで、まさに猫界の女優!ももちゃんの表情とflowerさんの台詞のつけ方が絶妙にマッチしていて、すごくリアリティーがあります。
ブログ内検索
Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    icon by MiniaureType

忍者ブログ [PR]